新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった聖火リレーの県内最高齢ランナー、下呂市の赤梅昭三さん(91)を励まそうと、赤梅さんが教壇に立った下呂小学校の教え子たちが4日、応援の横断幕を贈った。

 横断幕は長さ四メートル、幅六十センチで、「聖火ランナー赤梅昭三先生」と大書されている。作ったのは、一九五七~五八年度の小学五~六年生で、赤梅さんが担任した教え子の有志十三人。横断幕は、五日に赤梅さんがアンカーとしてゴールする下呂交流会館前で掲げる予定だったが、中止となったため、来年こそ聖火を手に走ってもらおうと、サプライズで届けた。

 教え子の一人、岩木呂弘さん(73...    
<記事全文を読む>