四日市市総合体育館が五月一日にオープンする。来年の三重とこわか国体・大会に向け、同市日永東の中央緑地内にあった中央体育館の跡地に新設。アリーナが旧体育館の一・七倍の広さになるほか、新たに芝生広場も設けて市民の交流の場を目指す。開所を前に、報道陣向けの内覧会があった。

 総合体育館は、鉄筋コンクリートと鉄骨造りの三階建て。延べ床面積一万七千五百平方メートルで、旧体育館の二・三倍となっている。主要施設のアリーナは広さ三千三百平方メートルで、バスケット三面、バレーボール四面を確保できる。二、三階にある観覧席と一階の移動できる席を合わせると最大で三千五百席になる。アリーナの壁は外側...    
<記事全文を読む>