新型コロナウイルスの感染拡大を受け、リーグ戦に続いて日本選手権の中止が決まったラグビー界。連覇を目指すシーズンが思わぬ形で幕を閉じた神戸製鋼の福本正幸チームディレクター(TD)は「とても残念。また来季優勝を目指して頑張るとしか、今は言えない」と言葉少なだった。

 今後のスケジュールは未定で、6月に準備を進めていたファン感謝イベントも白紙に。選手との契約についても「何も決まっていない。これから話し合う」と福本TD。既にニュージーランドに帰国している世界的SOのダン・カーターは、このまま退団となる可能性もある。(山本哲志)

...    
<記事全文を読む>