新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本セーリング連盟は2日、6月に藤沢市で開催が予定されていたワールドカップ(W杯)江の島大会を中止すると発表した。

 大会は6月14~21日に行われる予定だったが、東京五輪の延期が決まったことから、同連盟は共催する国際セーリング連盟と緊急の電話会談を実施。選手らの健康と安全確保を考慮し、大会中止に合意したとし、日本セーリング連盟は「来年のオリンピックを前に江の島で大規模な国際レースを開催するよう努力する」としている。

...    
<記事全文を読む>