ラグビー・トップリーグのヤマハ発動機は31日、2020年度の新入団選手として、プロップ河田和大(拓大)、ロック三浦駿平(早大)、ナンバー8杉原立樹(関学大)の3人を発表した。
 河田は高1時に野球部でけがをして退学。翌年、深谷高(埼玉)に再入学してラグビーを始め、拓大主将を務めた。三浦は早大でレギュラーとして活躍し、1月の大学選手権優勝に貢献した。杉原は17年にウルグアイで行われたU20(20歳以下)日本代表選手に選ばれた実績がある。

...    
<記事全文を読む>