福岡市と福岡県糸島市を舞台にした市民参加型のフルマラソン大会「福岡マラソン」(福岡市、糸島市、福岡陸上競技協会主催、西日本新聞社共催)の実行委員会は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、11月8日に予定していた第7回大会を中止すると決めた。28日に発表する。

 2014年から毎年11月に開催。フルマラソン(42・195キロ)、車いす競技(5・2キロ)、ファンラン(同)の3部門があり、昨年の第6回は過去最多の1万3868人が参加した。

 今年は、ランナーとボランティアの募集を今月13日から始める予定だったが、感染拡大を受けて延期。多数の人が集まるイベントで...    
<記事全文を読む>