【網走】「オホーツク網走マラソン」の実行委は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、9月27日に予定していた今年の大会の中止を決めた。中止は2015年の第1回以来、初めて。

 実行委は9月下旬をめどに、走行距離などを記録するスマートフォンのアプリを活用し、ネット上で大会を開くことを検討中。出場希望者が走った距離やタイムを入力して42・195キロを完走すると、網走産品が贈られる仕組みという。

 昨年の大会はフルマラソン、5キロ、3キロに道内外の計約2900人が出場した。(尹順平)

...    
<記事全文を読む>