【四日市】自動車用ワイヤーハーネス製造業「住友電装」(三重県四日市市浜田町、川井文義社長)はこのほど、走り幅跳びでパラリンピック出場を目指しているパラアスリート(障がい者アスリート)の稲垣克明選手を採用した。採用は16日付。稲垣選手は県出身で、競技種目は100メートルと走り幅跳び、クラスは片左太腿義足(T63)。

県が来年開催の「三重とこわか国体」を見据え、トップアスリートの就職支援などを行っている中、県の取り組みを継続支援する同社は、昨年の女子ラグビー選手3人に続き、2019年度の関東パラ陸上競技選手権大会で決勝2位など今後の活躍が期待出来る稲垣選手を採用した。

<...    
<記事全文を読む>