陸上男子円盤投げの堤雄司(ALSOK群馬)が2年ぶりに日本記録保持者に返り咲いた。3月27日に母校・国士舘大の競技会で従来の日本記録を43センチ上回る62メートル59をマーク。2017年に初めて樹立した日本記録を翌年塗り替えられたが、不屈の30歳が進化を証明した。1964年東京大会以来の日本男子円盤投げオリンピアンを目指し、「まだまだ成長できる」と飛躍を誓う。

◎来年の五輪へ闘志

 記録更新は5投目だった。「すごく、飛んだな」。61メートル64の自己ベストどころか、18年にライバル湯上剛輝まさてる(トヨタ自動車)が樹立した日本記録62メートル16も上回っていた。...    
<記事全文を読む>