プロバスケットボールBリーグ一部の滋賀レイクスターズが、自宅で過ごす時間が長くなる子供たち向けに、勉強ドリルや選手らが登場する動画を公開している。

 勉強ドリルは、二〇一九~二〇年シーズンのホーム試合で実施していたクイズ企画の景品で、小学校低学年向けの漢字と、高学年向けの算数ドリルを特別に公開している。いずれもA4用紙十三ページ分。新たに、低学年向けの算数ドリルも二十九日から、毎日A4用紙一ページ分ずつ公開する。ドリルには、算数や漢字の問題とともに、レイクスの選手や監督らの写真が載っている。レイクスのホームページなどからダウンロードでき、セブンイレブンのネットプリントで印刷...    
<記事全文を読む>