グッズなどと引き換え

 男子プロバスケットボールB3の金沢武士団は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でシーズン終了が早まり、資金繰りが難しくなったとして、個人や団体に対して経営支援の呼び掛けを始めた。(小坂亮太)

 B3は三月二十七日に今季終了となり、五月三日までの試合が全て中止に。武士団はホーム三十試合のうち十試合ができなかった。今季は初の黒字決算を見込んでいたものの、収益を確保する機会を失い、業績が悪化。来季のリーグに安定的に臨めるよう、支援を求めることにした。

 支援はグッズなどと引き換える形で募る。五万...    
<記事全文を読む>