ゴール下でブロックショットを決め、相手の流れを断ち切る。ブースターの間で「守護神」と呼ばれるセンターのコールビーは守備での貢献度が高く、3季目の今季も存在感を発揮した。「ディフェンスの核としての仕事はできたかなと思う」と一定の満足感を漂わせる。

■ディフェンスで勝つには努力必要■

 シーズンが中断されるまでの1試合平均1・9ブロックは数字上B1トップだが、規定出場試合数に届かず2年連続のタイトル獲得はならなかった。「今の過密スケジュールで毎試合出ることは体力的に無理。1・9ブロックは合格点だ」と冷静に捉える。

※文末にウェブ限定インタビュー

...    
<記事全文を読む>