24日にあったバスケットボール男子Bリーグの理事会で、2部(B2)広島の1部(B1)昇格が正式に決定した。B1ライセンスの付与が承認され、10月開幕予定の来季から初めてトップリーグに参戦することになった。

 浦伸嘉社長と朝山主将が広島市西区の特設会見場でリーグからの連絡を受けた。新型コロナウイルス感染予防のため、堀田監督とほかの選手はテレビ会議システムで見守った。リーグの大河正明チェアマンからは「いきなりチャンピオンシップ出場を狙うくらいのことを目指し、大暴れしてほしい」と激励された。

 来季はB1が2チーム増えて20チーム、B2は16チームで戦う。2021~2...    
<記事全文を読む>