3人制女子バスケットボールの日本代表で、東京五輪の候補選手だった伊集南(29)が20日、現役引退を発表した。所属するWリーグのデンソーアイリスがホームページなどで発表した。代表を含め、選手としての全ての競技活動から退く。


 伊集はチームホームページで「簡単な決断ではありませんでしたが、次の人生に行きたいと考え、早い段階からチームへ報告させていただいておりました」とコメントし、しばらく前から第一線を退くことを検討してきたことをうかがわせた。

 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、今季のWリーグはシーズン途中で中止となった。3人制女子代表...    
<記事全文を読む>