バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の西宮は31日、船舶用電子機器メーカー古野電気(兵庫県西宮市)と、オフィシャルメインパートナー契約を結んだと発表した。契約期間は今季後半から2020~21年シーズン末まで。西宮が最上級スポンサーの同パートナーを得るのは初めてで、ユニホームの胸部分に「FURUNO」のロゴが入る。

 同日、西宮市内で記者会見があり、西宮運営会社の渡瀬吾郎社長は「新型コロナウイルスの影響でクラブが非常に厳しい局面にある中、厚いご支援をいただき心強い」と感謝した。

 古野電気は世界で初めて魚群探知機を実用化した企業として知られる。中学から大学まで...    
<記事全文を読む>