サッカーJ2松本山雅は29日、運営会社の神田文之社長らとサポーターが、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使って意見交換する「WEBサポーターミーティング」を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大で公式戦やチームでの活動は中止となる中、クラブの現状を伝えたいと企画した。

 事前に19人のサポーターが申し込んだ。動画投稿サイト「ユーチューブ」で同時配信し、千人余が視聴。会社側は仮にリーグ戦が再開されなかった場合、今季は最大で12億円の赤字になる試算を示した。シーズンパスの払い戻しに応じる予定なども説明。神田社長は「サポーターとクラブの接点が数カ月持てていないことは残念」とし...    
<記事全文を読む>