新型コロナウイルス感染から回復したJ1神戸の元日本代表DF酒井高徳(29)が29日、自身のインスタグラムを更新し、退院後初のメッセージを投稿した。「自身にもコロナ感染の危険がある中(中略)本当に心から感謝したい」と医療従事者への感謝を示した。

 酒井は3月30日、Jリーグ選手で初めて陽性が確認され、4月25日まで兵庫県内の医療機関に入院していた。

 入院生活は約1カ月に及び、「改めてコロナウイルスの恐ろしさを痛感した。当たり前にあった時間や環境、身の回りの人々の大切さが分かった」と振り返った。

 今後は復帰に向けての調整が始まり、「ピッチで躍動する姿...    
<記事全文を読む>