サッカーJ2・モンテディオ山形を運営する株式会社モンテディオ山形は28日、オンライン上で2019年度(2019年2月~20年1月)の事業実績報告会を開いた。売上高は前期比1億4700万円増の18億4500万円で、J1シーズンを含め過去最高を更新。純利益は500万円で株式会社移行後6期連続の黒字となった。

 スポンサーやファン獲得に向けた積極的な投資を実施したほか、J1参入プレーオフに進出したチーム成績に支えられ、売上高はJ1時代で過去最高だった15年度の18億1300万円を上回った。主な内訳は広告料収入が前期比1億400万円増の5億7300万円、入場料収入は6300万円増の...    
<記事全文を読む>