サッカー天皇杯全日本選手権の県代表を決める「2020新潟日報杯県選手権」で、県サッカー協会の実施委員会は27日までに、5月10日に予定していた決勝戦の延期を決め、代表選出方式を白紙とした。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、日本サッカー協会は各都道府県の代表決定期限を同日から先延ばしし、天皇杯の開幕も5月23日から9月16日に延期すると発表していた。

 県選手権は3月下旬の2回戦から試合ができておらず、実施委員会は昨年度の優勝、準優勝チームによる抽選での代表選出も視野に入れていた。今後の県選手権の方式や時期は未定。

...    
<記事全文を読む>