サッカーのAC長野パルセイロの育成組織スタッフに今季、15年度の全国高校選手権で東京・国学院久我山高を準優勝に導いた清水恭孝氏(47)が加わった。U―13(13歳以下)チーム監督に就き、「長野も東京の子どもと同じ可能性を持っているはず。全国トップレベルへどう導くか挑戦していきたい」と言葉に力を込める。
 千葉県出身。立正大卒業後、中学生年代のクラブチーム代表や千葉・敬愛学園高コーチを務め、11年に国学院久我山高コーチに。監督1年目の15年度は全国高校選手権で東京都勢17年ぶりの決勝に進んだ。パスサッカーで接戦を勝ち上がり、「選手が一試合ごとに成長していくのを実感した」と振り返...    
<記事全文を読む>