サッカーJ1仙台の応援組織、ベガルタ仙台・市民後援会(さとう宗幸会長)が、新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立つクラブを支援しようと、チームのグッズ購入を広く呼び掛けている。公式戦の中断による収入減の緩和を目指し、熱心なサポーターの旺盛な購買意欲に期待する。

 21日に市民後援会の公式ホームページにメッセージを掲載。「ベガルタ仙台を取り巻く経営環境が日に日に厳しくなっています」と危機感を訴えた。そして「在宅でも実施可能な支援策」としてクラブのオンラインストアでレプリカユニホームやフラッグ、縫いぐるみなど各種グッズの購入を呼び掛けた。
 グッズ販売はクラブの大きな...    
<記事全文を読む>