サッカー・J1サガン鳥栖の運営会社サガン・ドリームス(竹原稔社長、鳥栖市)は26日、第16期(2019年2月~20年1月)の決算を発表した。広告収入の大幅減が響き、当期純損益は20億1486万円の赤字となった。赤字は2期連続。株主による第三者割当増資を行って債務超過は回避した。第17期(20年2月~21年1月)は新たなスポンサーが見込めるとしている。

 売上高は、過去最高を記録した前期の42億5781万円から約4割減となる25億6160万円。大口スポンサーの撤退などもあって、広告収入が前期の22億9601万円から8億1052万円に大幅減となった。一方で入場料収入は7億604...    
<記事全文を読む>