サッカーの東海社会人リーグは26日までに、公式ホームページで今季リーグ戦の中止を発表した。当初4月開幕を予定していたが新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が遅れていた。今後は大会方式をトーナメントに変更し、9月20日の開催を目指す。リーグ内の昇・降格はなしとするが、チーム数に変動が生じた場合は別途対応を協議する。

東海4県の各県リーグを勝ち上がったチーム(1部リーグ、8チーム、2部リーグ8チーム)で構成し、県内からは1部にFC伊勢志摩、2部に四日市大FCが参加する。1部優勝チームには例年、全国リーグのJFL昇格チームを決める全国地域チャンピオンズリーグの出場資格が与えらている...    
<記事全文を読む>