サッカーJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌のFW鈴木武蔵(26)、MF荒野拓馬(27)、GK菅野孝憲(35)の3選手が24日、札幌市北区の児童養護施設「柏葉荘」の子供らと、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で交流を深めた。小学2年から高校1年までの13人が参加し、憧れの選手たちを質問攻めにした。

 「レギュラーに入るにはどうすれば?」「仲の良い選手は誰?」など次々と質問した。3グループに分かれて行い、自宅にいる選手たちとの画面越しのやりとりは計40分。小学4年の男児は「選手の元気な姿を見られてうれしかった」と笑顔だった。

...    
<記事全文を読む>