J3藤枝のMF杉田真彦(24)が、Jリーグデビューに向けて中断期間も高いプロ意識をのぞかせる。ソニー仙台(JFL)から今季加入し、「小さい頃からの夢」だった念願のJリーガーに。ピッチ内外でチームに貢献するなど、早くも存在感を示している。
 新型コロナウイルスの感染拡大で18日から活動を休止した藤枝。それでも杉田は会員制交流サイト(SNS)で情報発信するクラブの取り組みに協力。明るい性格もあって人気を集めている。「これまでは必要なかったが、これからは(プロとして)積極的にアピールしていきたい」
 静岡西高では2年時の全国選手権県予選16強が最高成績。順大でも目立たず、...    
<記事全文を読む>