日本サッカー協会は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、第100回天皇杯全日本選手権の大会方式を変更し、Jリーグ勢は12月27日の準決勝から今季のJ1上位2チームのみが出場すると発表した。参加チームを88から50に縮小、開幕は5月23日から9月16日に延期し、1回戦から準々決勝までは47都道府県代表とアマチュアシード1チームで争われる。

 J2ザスパクサツ群馬は2回戦から出場予定だったが不参加が決定し、群馬県勢の出場は県協会長杯優勝1チームとなる。2月下旬から中断し、再開のめどが立たないJリーグの日程調整に協力するのが目的で、5月の理事会で正式決定する。

...    
<記事全文を読む>