札幌のMFチャナティップが22日、報道各社のオンライン取材に応じ、新型コロナウイルスの感染者が増え続ける母国タイに「米を買うために使ってほしい」と、寄付したことを明らかにした。寄付額は非公表。

 チャナティップは写真共有アプリや動画投稿サイトを通じ、故郷にメッセージを発信してきた。現在も母国で暮らす家族と「心配で毎晩連絡を取る」といい、「自分にできることは何でもしたい」と寄付を決めた。

...    
<記事全文を読む>