新型コロナウイルスの感染拡大により15日からチーム練習を休止しているJ1清水の主将のMF竹内が22日、「みんなと一緒にボールを蹴りたい」と率直な思いを吐露した。現在は自宅でチームから与えられた体力強化のトレーニングをこなす毎日という。
 竹内はビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を通じて取材に応じた。取り組んでいるトレーニングは体幹の強化や重りを使ったメニューなど。外に人が少ない朝や夜の時間帯にはランニングも行っているという。「当たり前だったことができなくなって、サッカーの楽しさをかみしめている」と実感を込めて語った。
 チームメートとの練習ができない中、「これま...    
<記事全文を読む>