J2栃木SCは20日までに、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を活用したチアスクール生向けのオンラインレッスンを開始。初回は計約140人の小中学生が参加し、体操やダンスを楽しんだ。

 同スクールは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2月下旬から通常のレッスンを休止している。その後、外出が難しい児童生徒のストレスを少しでも軽減しようとオンラインでのレッスンを企画した。

 初回の18日は午前11時~午後6時に計6回開催(1回約30分)。参加者は足上げや腹筋などウォーミングアップ替わりの体操を行った後、パソコンなどの画面越しに見える講師の動きを参考にしながら、...    
<記事全文を読む>