J1広島は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて14日から活動を休止している。選手は各自でトレーニングを継続。広島市内の選手寮で暮らす荒木とGK大迫は、縄跳びなどで体力維持に努める。2週間程度を目安とする休止明けを見据えて、工夫しながらできる範囲で体を動かしている。

...    
<記事全文を読む>