かつて「サッカー王国」と呼ばれた広島サッカー界で近年、若い世代の人材流出が進んでいる。今春、広島から「サッカー留学」で県外の中学、高校に進学した選手は計38人。危機感を抱いた広島県協会は、育成システムの見直しに動きだした。

...    
<記事全文を読む>