新型コロナウイルスの感染拡大でJリーグの公式戦再開の見通しが立たない中、J2磐田のフベロ監督は全体練習の継続を決断した。J1の全18クラブとJ2の22クラブのうち、ほとんどのクラブは活動を休止しているが、指揮官は「この状況でできることもある。いつ(公式戦が)再開してもいいように準備を進めよう」と選手に伝えた。
 DF小川大は「コロナに対する恐怖もあり、選手に温度差はある」とした上で、「監督がやると言った以上、サッカーができる喜びを感じながらしっかり取り組む」と話す。主将のDF大井は「公式戦がしばらくないので、無理やり声をかけて士気を高めるようなことは避けている」と個人や組織の...    
<記事全文を読む>