新型コロナウイルスに感染し、回復したサッカー明治安田J2ザスパクサツ群馬のDF船津徹也が、体験談を自身の会員制交流サイト(SNS)に投稿した。カメラの前で切実に語る姿が反響を呼んでいる。

◎最初は倦怠感と発熱 入院15日 個室隔離
 船津は15日に群馬県内の医療機関を退院。同日、ツイッターやインスタグラムに「自分がコロナウイルスにかかり、体験したことを皆さんにお伝えしたい。少しでも皆さんの情報になれば」と約5分間の動画を投稿した。

 動画では体調不良を感じた時点から説明。3月26日の夜に倦怠(けんたい)感を覚え、翌27日に体温が37...    
<記事全文を読む>