新型コロナウイルスの感染者が相次いで確認されたJ1神戸。3月27日から練習休止が続き、選手がサポーターの前に立ったのは、2月下旬のJ1開幕戦が最後だ。観戦の楽しみを奪われているファンを思い、自宅で過ごすイレブンがスマートフォンのアプリ「インスタグラム」でさまざまな動画を生配信している。

 FW古橋亨梧、MF郷家友太、DF菊池流帆…。個人で登場する場合もあれば、同僚やクラブOBらとのやりとりを配信するケースもある。画面上にはファンの投稿が次々と流れ、選手らが質問に答えていく。

 専門的な知識がなくても、手軽に映像や写真を投稿できるインスタグラム。日本...    
<記事全文を読む>