4季目のシーズンを迎えたサッカーJ2徳島ヴォルティスのリカルド・ロドリゲス監督。試合では厳しい表情でげきを飛ばす「闘将」のイメージが強いが、練習場などでは選手と笑顔で交流する姿をよく目にする。徳島での暮らしぶりや好きな音楽、これまでの経歴など、日頃はなかなか聞けない「リカ将」の素顔を根掘り葉掘り聞いてみた。 

 ーサッカーを始めた年齢ときっかけは。

 8歳の頃です。小学校の友達とよくサッカーで遊んでいて、それがきっかけで地元の「オビエド」というチームに加入し、本格的にサッカーの道へ進みました。

 ー指導者の道に進んだきっかけは。

<記事全文を読む>