新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言発令から一夜明けた8日、対象地域となった福岡県のスポーツ界も余波を受けた。J2アビスパ福岡とギラヴァンツ北九州は練習拠点の公共施設が5月6日まで利用できなくなり、4月19日まで休止する方針だったチームの活動再開への影響は必至だ。福岡県高校体育連盟(高体連)は夏の全国高校総体の予選を兼ねる県大会の延期を発表。県大会なしで代表校を決める可能性も出てきた。

 リーグ再開を待つ福岡の2クラブにさらなる試練だ。アビスパとギラヴァンツは現在自主的に活動を休止しているが、期間を19日までと定めていた。しかし緊急事態宣言を受け、福岡市と北九州市は...    
<記事全文を読む>