サッカー女子プレナスなでしこリーグ1部のINAC神戸は8日、トップチームの活動休止期間を5月6日まで延長すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、兵庫県が政府の緊急事態宣言の対象区域となったため。当初、休止は4月12日までとしていた。

 神戸と東京で展開するアカデミーとサッカースクール事業も活動停止期間を5月6日までとし、職員の在宅勤務期間も同日まで延長する。(有島弘記)

...    
<記事全文を読む>