「我ながら人との出会いに恵まれていると思います」-。今季、サッカーJ1川崎から期限付き移籍でJ2ファジアーノ岡山に加入したポープ・ウィリアム選手(25)。サッカー選手を目指すきっかけは、あるチームの練習を見学した時、コーチに声を掛けられたことだったそうです。そこからいろいろな人と出会い、選手として成長を重ねてきました。トップチームとユースの掛け持ちを経験した高校時代やプロ選手になってからの苦労話など自身のサッカー遍歴を語ってもらいました。

開幕戦勝利は自信に


 -新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、リーグは中断が続いています。コンディションはど...    
<記事全文を読む>