広島県サッカー協会は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、第100回天皇杯全日本選手権の県予選を兼ねる全広島選手権決勝大会(中国新聞社など主催)の中止を決めた。天皇杯の県代表は、前回大会を制した実績からSRC広島を選んだ。SRC広島は5年連続7度目の出場となる。

...    
<記事全文を読む>