新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、県内J1の全4クラブは7日までに、トップチームの活動休止を決めた。神奈川などを対象地域とした緊急事態宣言の期間は5月6日までとなり、練習再開のめどが立たなくなった。

 3月中旬から完全非公開で調整していた横浜Mは当面の間、活動を休止すると4月7日に発表。選手にはコーチから自宅などでもできる個別のメニューが渡され、旅行やレジャー、複数人の会食禁止などの注意事項も通達された。

 横浜Mは新横浜公園内で活動しており、宣言が解除されるまでは施設が使えなくなる可能性もある。再開時期については「今後の政府・自治体の要...    
<記事全文を読む>