国内外の新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、J1鹿島は6日、19日までトップチームの活動を休止すると発表した。公式戦の再開のめどが立っていないことも判断の理由とした。

この日はクラブハウスグラウンドで午後から練習をする予定だったが、急きょ中止となった。これを受け、選手には今後の活動予定が説明され、フィジカルコーチが自宅で可能なトレーニングメニューを伝えた。今後、各自でコンディションを調整する。併せて、選手自身と家族の不要不急の外出を控えるよう求めた。

活動休止を決めた理由について、鈴木満フットボールダイレクターは「国が緊急事態宣言を出すこともあり、日本全体で感染防...    
<記事全文を読む>