新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、サッカーJリーグの開催日程が白紙になる中、J3のいわてグルージャ盛岡は県内で調整を続けている。J3開幕の見通しが立たないため、今季最初の公式戦は19日に盛岡市のいわぎんスタジアムで行われる県選手権兼天皇杯全日本選手権県予選の決勝になった。度重なる延期で精神的疲労も懸念されるが、元日本代表DFの秋田豊新監督が率いる新生グルージャはJ3優勝とJ2昇格を目指してトレーニングに励む。

 リーグ戦の開幕は当初の3月上旬から大幅に遅れるが、最下位に沈んだ昨季から顔ぶれが一新したチームにとっては、組織的な練習に充てる時間が増えたことはプラスになった。<...    
<記事全文を読む>