新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期になっているサッカーJ3のFC岐阜が、動画配信を柱とした情報発信を強化している。企画広報チームサブリーダーの渡辺亮さんは「クラブ離れを食い止めたい」と話す。

 FC岐阜は、昨オフから動画投稿サイト「ユーチューブ」を使った動画配信を強化。週に二、三本のペースで、選手インタビューや練習ハイライトなどを投稿してきた。そんな折、新型コロナウイルスが猛威を振るい、二月から練習が非公開となったほか、選手も不要不急の外出を控えるなど厳戒態勢を敷いている。

 ファンに少しでも情報を提供しようと、三月二十日に初めて、トレーニングの模様をイン...    
<記事全文を読む>