J2アビスパ福岡の長谷部茂利監督(48)が2日、本紙の単独取材にスマートフォンを利用したビデオ通話で応じた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中断しているJ2リーグ戦は5月2日の再開を目指しているが、他のクラブの選手に感染者が出るなど難しい状況が続く。福岡は4日間のオフを終え、2日に雁の巣球技場(福岡市)で練習を非公開で再開。選手にはJ1昇格の目標を見失わないように伝えるとともに、中断期間で得た手応えも語った。

■青空ミーティング

 新型コロナウイルスの感染防止のためにクラブハウス内でのミーティングは避け、青空を望むグラウンドでつくった円陣。報道陣にも非公開で...    
<記事全文を読む>