サッカーJリーグ1部(J1)の北海道コンサドーレ札幌は3日から、宮の沢白い恋人サッカー場(札幌市西区)で行う全体練習を一般公開する。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、これまでファンの立ち入りを禁止してきたが、暗い話題が多い中、選手を見ることで元気になってほしいとの願いを込めた。

 感染予防策として観客席の最前列を閉鎖し、ファンには声援を送ったり、選手にサインや握手を求めたりすることを控えてもらうほか、マスク着用での参加を促す。また、事前に近隣にある石屋製菓本社駐車場内の検温所(午前10時開設)で体温を測り、37・5度以上の発熱といったかぜの症状がある場合などは入場でき...    
<記事全文を読む>