サッカーのJ1神戸は2日、新たにトップチーム関係者1人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。名前や役職などは明らかにしていない。神戸の感染者はJリーグで初めて陽性が確認されたDF酒井高徳選手(29)、別のチーム関係者に続いて3人目となった。

 神戸によると、新たに感染が判明したのは酒井選手の濃厚接触者。軽度のせきのほか、のどと胸の痛みがあり、1日に兵庫県内の病院でPCR検査を受けた。2日に陽性が判明し、引き続きのどと胸に痛みが残るが、発熱や味覚・嗅覚障害はないという。

...    
<記事全文を読む>