清水エスパルスは1日、JR静岡駅コンコースに同日設置された70インチのデジタルサイネージ(電子看板)で応援メッセージ動画の放映を始めた。
 多くの人が行き交う場所で地元のチームを応援して静岡市を盛り上げようと、同市葵区で研磨材を製造する大輝との協働で実現した。約15秒間の動画で「この街にはエスパルスがある」などのメッセージを試合映像とともに映し出す。
 昔からエスパルスになじみがあるという同市清水区の男性(19)は「静岡県の代表として勝ち続けて県民に感動を与えてほしい」と選手らにエールを送った。
 電子看板は4面設置され、エスパルスの動画以外にもさまざまな...    
<記事全文を読む>