J1清水エスパルスはエープリルフールの1日、1月に就任したばかりの山室晋也社長が退任して用具担当に就くという“ジョーク”の発表を行った。新型コロナウイルスを巡る暗いニュースが多い中、「批判も覚悟したがこんな時こそ少しでも笑ってもらえる情報を届けたかった」(広報担当)と提供した。
 クラブのホームページに発表文とともに、「用具担当として一から出直し勉強することを決意致しました」とのコメントを掲載。クラブの公式SNSには山室社長が選手のスパイクを磨いたりボールを運んだりする動画を載せる徹底ぶりだった。広報担当によると、「楽しい」「笑った」などと好意的な反応...    
<記事全文を読む>