サッカーJ2のザスパクサツ群馬を運営するザスパ(前橋市千代田町)は1日、船津徹也選手(33)=同市=が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で、陽性反応が出たと発表した。基礎疾患はなく軽症で、感染経路は不明。ザスパ選手の感染確認は初めて、群馬県内では20例目となる。

◎クラブ 当面の活動休止
 クラブによると、船津選手は3月26日夜に倦怠けんたい感を覚え、自宅待機となった27日に38度3分の発熱があった。28日に県内病院を受診。30日にPCR検査を受け、31日夜に陽性が確認された。入院しているが平熱に戻り、回復傾向にある。

 発症...    
<記事全文を読む>