サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸は1日、チーム関係者1人が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。神戸の感染者はDF酒井高徳選手(29)に続いて2人目。

 クラブによると、発熱のほか嗅覚などに異常はなかったが、31日朝にチームドクターの判断でPCR検査を実施。同日夜、陽性判定が出たという。(有島弘記)

...    
<記事全文を読む>